マキシリン 評価E

マキシリンの評価と感想!サプリメント専門家の辛口レビュー!

更新日:

城山
娘からパパの顔にうんちが付いてると毎日言われているサプリメント専門家です。 長年サプリメントの研究と開発を行ってきたプロの目から見ていいかげんな精力剤はぼろくそにレビューしています。 好きな言葉は湘南美容外科クリニックの院長と同じ「情熱」です。

マキシリンの販売会社

2017年に新発売された精力剤の中でも188種類の成分配合!と大々的に宣伝し、今注目されているのが今回ご紹介するマキシリンという精力剤です。

個人的に成分が100種類以上配合されている時点でこれっぽっちも信頼していないのですが百聞は一見に如かずとも言いますし、もしかしたら噂にたがわぬ実力を持っている精力剤かもしれないので念のため調査を行ってみました。

マキシリンを販売しているのは健康食品王国福岡県にある株式会社テラノヴァという会社が運営しているのより商店という通販サイトです。

なぜ福岡県に建国食品メーカーが多いかと言うと・・・説明するとレビューより長くなってしまいそうなのでホリエモンが書いているコチラのブログをご覧ください(笑)

関連/九州、特に福岡に何故通販健康食品系の会社が多いのか、その理由についての考察。

では次に販売会社である株式会社テラノヴァの運営実態について見てみましょう。

マキシリンを販売している株式会社テラノヴァの運営実態

株式会社テラノヴァについては企業の公式HPが用意されていたのでその詳細について簡単に調べることが出来ました。

HPによると会社の所在地は親日家としても有名なトムクルーズとは縁もゆかりもない福岡の中心部のオフィスビルにあり、主な事業としてはWEB制作や雑貨やサプリの通信販売を行っているようです。

トムクルーズのくだりはちょっと寒いですが私が考えたのではなく、HPでこのまんま書かれてました。

他にもダジャレが多用されていてもしかしたら社長はデーブスペクターなんじゃないかと一瞬疑いましたがとにかく何だか明るい雰囲気の会社みたいです。

社内の写真も掲載されているし、自社運営の通販サイトもあることなどを踏まえるとしっかりと運営実態のある企業だと考えられます。

マキシリンの販売ページに虚偽広告はあるか?

販売会社の信頼度を図る上では企業の運営実態だけでなく、実際の商品販売ページを確認することも重要です。

販売している会社が誰でも知っている有名企業だったとしても販売ページで虚偽広告を行っていないとは限らないからです。

そんなことを証明するかのようについ最近も「飲むだけで体重や脂肪を減らす!」などと根拠なく宣伝したとして製薬会社大手の太田胃散を含む16社が景品表示法違反で措置命令を受けたばかりです。

関連/ 「脂肪減らす」、根拠なく宣伝 太田胃散など16社、消費者庁が措置命令

そこでマキシリンの販売ページも「家政婦は見た」シリーズを全てチェックし、市原悦子を心の師と仰ぐ私がくまなくチェック致しました。

そこで気になったのがまずこちらの画像です。

参考/マキシリン販売ページ

これは販売ページのトップに掲載されている画像なのですが具体的な効果などは表していないものの「最短3日で実感」とマキシリンを摂取することによって何かしらの効果が得られる期間を数値化して宣伝しています。

マキシリンは医薬品では無く健康食品=サプリメントとして販売されていますので医薬品的な効果・効能を得られるような説明をすることは禁じられています。

にもかかわらずこの画像のように効果が得られる日数を表示するのは薬機法や健康増進法、景品表示法の観点からもアウトー!な可能性が非常に高いのでもし本当に効果が得られるとしても私なら買いません。

加えてマキシリンの販売を行っているのより商店ではマキシリンの主成分であるシトルリンについてこのように説明しています。

参考/ https://noyori-shoten.jp/supplement/item_259.php

確かにシトルリンには男性の活力アップに有効に作用する一酸化窒素を産生しめぐりを良くする働きがあります。

もちろんシトルリンをサプリメントに配合すること自体は何の問題もありませんが、問題なのは医薬品とは認められていないにもかかわらずシトルリンを摂取することによって血行を良くし血管が広がると説明している点です。

薬機法では配合されている成分の効果や効能から直接的ではないにしろ結果的に商品を摂取することで効果が得られるように宣伝することもまた固く禁止されているのでこの画像に記載されている内容は薬機法に抵触する恐れがあります。

極めつけはマキシリンの販売ページではマキシリンには1㎏のステーキ68皿分のシトルリンが凝縮配合と書かれているのですが、そもそもシトルリンはスイカなどのウリ科の植物に多く含まれているアミノ酸なので含有量の少ない牛肉と比較しても全く意味がありません。

参考/マキシリン販売ページ

虚偽広告では無いもののシトルリンの含有量を表す素材としてステーキというのは不適切極まりないですし消費者の誤解を招く恐れがあると判断しましたのでこれでスリーアウト!白井球審なら綺麗に卍ポーズ決めちゃってます。

このように販売ページ内に多くの問題が確認されたのを踏まえて販売会社にはきちんとした運営実態があるもののその信頼度は最低だと評価します。

のより商店で販売している精力剤はマキシリンだけ

当サイトでは商品の販売数=商品開発力・技術力の高さに繋がると考えて評価の対象にしています。

マキシリンは販売されてまだ間もないので、販売事業者であるのより商店でもサプリメントは現在マキシリン一種類のみの取り扱いとなっています。

よって今後新たな商品が販売される可能性もあるので、この評価項目については現時点で保留とします。

マキシリンには成分の含有量表示があるか?

市販されている精力剤の中でもトップクラスの188種類もの成分を配合していることが最大のセールスポイントのマキシリンですが、成分それぞれの含有量についての説明は無く、唯一シトルリンだけが1日あたり600㎎配合だと確認出来ました。

マキシリンに限らず多くの成分を配合している精力剤販売メーカーのほとんどが成分の含有量を公表していないのですが、これってズルいと思いません?

メーカーの言い分としては詳細な含有量を公開してしまうと商品がコピーされる恐れがあるってどこも口を揃えて言いますが、原材料の一覧を見ても分かる通り使用されている成分や原料は別に貴重なものでも何でもありません。

創業以来継ぎ足されてきた秘伝のタレっていうならレシピを門外不出にするのも理解できますが原料同士を混ぜているだけのサプリに秘伝のレシピもヘチマもありません。

事実、世界一のサプリメント大国アメリカでは医薬品だけでなくサプリメントでも成分の含有量を表示する義務があり全ての商品に詳細な表示がありますが、コピー商品だらけかと言われたら決してそんな事ありません。

まぁ単に成分の含有量を公表して消費者の信頼を得ることよりも公開することで受けるデメリットの方が多いと自ら暴露しているようなものですが、とにかく含有量がさっぱり分からないのではいくら多数の成分が配合されてても意味がありません。

だってもしかしたら鼻くそ以下の量しか配合されていないかもしれないですからね!

マキシリンに配合されている成分とその詳細については後程詳しくご説明しますが、成分の含有量が分からない時点で信頼できる商品では無いと当サイトでは判断します。

マキシリンの商品概要

容量 1箱30粒入り/約10日分
1日の目安量 1~3粒
成分含有量 主成分のみ表示あり
料金(税込み価格) 定期コース1箱(10日分)

定期2箱セット(20日分)

定期3箱セット(30日分)

税込み12960円

税込み24840円(4%オフ

税込み35100円(約10%オフ

安全性 生産工程 国内工場で生産(GMP認定)

HACCAP取得

原料 健康に問題になるような原料はなし
支払い方法 クレジットカード決済

代金引換(代引き手数料432円~)

銀行振込(先払い/振込手数料購入者負担)

コンビニ払い(後払い/手数料154円)

定期便の解約方法 最低2回の購入後休止・解約が可能

マキシリンの容量と1日の目安量

マキシリン1箱は30粒入りとなっており、メーカー推奨の摂取量は1日あたり1~3粒とかなりアバウトな内容です。

ちなみにマキシリンは1日あたり600㎎ものシトルリンを摂取出来ると宣伝していますが1粒当たりに配合されているシトルリン量は200㎎です。

マキシリン1箱は30粒入りなのでマキシリンの持ち味を宣伝通りに発揮するためには1日3粒の摂取が必要ということになります。

その場合1箱には10日分のカプセルしか内容されていないのでご注意ください。

マキシリンの成分含有量

先ほどもご説明した通り、マキシリンには188種類もの成分が配合されているのですが、含有量は主成分であるシトルリンについてしか説明されていません。

これじゃ金田一少年がいくらじっちゃんの名に懸けても謎は解けないと思うのですが、商品パッケージなどに記載されている僅かな情報などを元に分かる範囲でマキシリンについてプロの目から見た分析を行ってみました。

原材料 L-シトルリン、コーンスターチ、ブラックジンジャーエキス末(ブラックジンジャーエキス、デキス
トリン)、野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、ウコン、黒砂糖、
ドクダミ、キダチアロエ、ハチミツ、高麗人参、ウメ、ハト麦、オトギリソウ、クマザサ、タンポポの根、
エビスグサの種子、レイシ、アマチャヅル、ハブ草、トチュウ葉、オオバコ、カンゾウ、マツ葉、
ナンテンの葉、アマドコロ、ツユクサ、ツルナ、ヤマイモ、クコの実、レンセンソウ、モモの葉、
イチョウ葉、ニンドウ、イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、ラカンカ、エンメイ草、ビワ葉、モロ
ヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコ葉、スギナ、メグスリの木、カキの葉、カミツレ、カリン、
シソの葉、ミカンの皮、ショウガ、センシンレン、クワ葉、キンカン、タマネギ外皮、田七人参、キキ
ョウ根、ナツメ、サラシア、トウガラシ、ミカン、パイナップル、リンゴ、ブドウ、イチジク、グレープフル
ーツ、メロン、レモン、アンズ、コンブ、フノリ、シイタケ、ニンジン、タマネギ、パセリ、ゴボウ、ニンニク、
ラッキョウ、キャベツ、モヤシ、イチイの実、紅参、ルイボス、アムラの実、ハッショウマメ、ムイラプアマ、
イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥルシー、キャッツクロー)、トンカットアリエキス末、ヒハツエキス末
(デキストリン、ヒハツエキス)、ガラナ末、ガジュツ末、パフィアエキス末(パフィアエキス、デキストリン)、
発酵黒ニンニク末、ボタンボウフウ(長命草)末、黒ごまエキス末、筋骨草エキス末(デキストリン、筋骨
草エキス)、クロレラ末、亜鉛含有酵母、クロム含有酵母、ビール酵母、ブドウ糖、オルニチン、L-カルニ
チンフマル酸塩、ギャバ、クレアチン、N-アセチルグルコサミン(えび・かにを含む)、オットセイ末、イワシ
抽出ペプチド、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末(デキストリン、サケ鼻軟骨エキス)、サケ白子
エキス末、サメ軟骨エキス末(サメ軟骨、デキストリン)、豚肝臓酵素分解物(豚肝臓酵素分解物、デキ
ストリン)、ローヤルゼリー末、プロポリスエキス末(ライススターチ、プロポリスエキス)、ガルシニアエキス末、マカ末、ムクナ末、アカガウクルア末、エゾウコギエキス末、アメリカ人参末、韮種末(韮種、デキストリン)、蟻末(デキストリン、蟻)、セレン含有酵母、スッポンエキス末(デキストリン、スッポン)、ウミヘビ末、赤マムシ末、冬虫夏草菌糸体末、タツノオトシゴエキス末(フィッシュコラーゲン、タツノオトシゴ)、ジンジャーエキス末、マカエキス末(マカ、デキストリン)/ゼラチン、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、カラメル色素、キトサン、貝カルシウム、酸化マグネシウム、DL-リンゴ酸、L-アルギニン、L-シスチン、L-アスパラギン酸ナトリウム、グリシン、L-グルタミン酸、L-チロシン、L-アラニン、L-テアニン、タウリン(抽出物)、ビタミンB2、ビタミンC、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン、ナイアシン、卵殻カルシウム、抽出ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12
内容量 14.9g(495㎎×30粒)

書いてて指が2回攣りましたが、これがマキシリンに配合されている成分及び原料です。

実際の商品パッケージに記載されている通りに表にまとめたので、食品表示法に準じているなら上から順に配合されている重量が多いということになります。

1粒あたりの内容量は495㎎ですが、マキシリンはカプセルタイプを採用しているのでこの495㎎というのはカプセルの分も含まれていると考えられます。

普通はカプセルの分を除いた純粋な成分の内容量も記載するべきですが、ありがたいことになーんにも書かれていないので、サプリメントに使用されているカプセルの平均重量150㎎分を引いた数値で考えていくことにします。

すると純粋な成分の内容量は345㎎となる訳ですが、マキシリンは1粒あたり200㎎のシトルリンを配合していると説明されています。

するとシトルリンを除く187種類の成分は合計で145㎎前後しか配合されていないことが分かります。

全ての成分が均一に配合されているとは考えにくいですが単純計算すると1成分当たり0.77㎎しか配合されていません。

またシトルリンの次に多く配合されていることになっているのは「コーンスターチ」ですがこれは粘度の調整などに使用されるただの添加物ですから精力アップにはもちろん何の関係もございません。

ではその他の成分はどうかと言うと、マキシリンの販売ページで大々的に宣伝されているマムシ・マカ・スッポンなどの精力アップに効果がありそうな原料が確かに配合されているもののミカン、パイナップル、リンゴ、ブドウ、イチジク、グレープフルーツ、メロン、レモン、アンズ、コンブ、フノリ、シイタケ、ニンジン、タマネギ、パセリ、ゴボウ、ニンニク、ラッキョウ、キャベツ、モヤシなどより遥かに少ない配合量となっていることが先ほどの表からもお分かりいただけると思います。

何だかカレーでも作れそうな材料ばかりですが、とにかく成分数をかさ増しするために野菜や果物をわざわざ配合している時点で購入する価値梨です。

せっかくなんで果物にかけてみましたがどんなに精力アップに働きかける成分だろうとマキシリンに配合されている爪の先ほどの量では到底期待する結果など実感できないでしょう。

精力アップに作用するとされているシトルリンも1日あたり1000㎎~の摂取が最低でも必要だということを考えれば1日あたり600㎎しか摂取出来ないマキシリンでは圧倒的に力不足なのは否めません。

あくまで推測の域は出ませんが当サイトとしては示されている情報から考える限りマキシリンには男性の活力を高める効果が無いと判断します。

マキシリンの料金について

マキシリン1日あたりの金額はこのようになっています。

定期コース1箱(10日分) 税込み12960円+送料無料

1日あたり1296円

定期コース2箱セット(20日分) 税込み24840円+送料無料

1日あたり1242円(4%オフ

定期コース3箱セット(30日分) 税込み35100円+送料無料

1日あたり1170円(10%オフ

マキシリンは定期コースの3箱セットで購入した場合、10%の割引が適用されるのですがそれでも1日あたりの金額は1170円と他社の製品と比較してもかなり高い金額です。

ちなみに上記の金額はマキシリンを3粒摂取した場合の金額なのですが、販売ページに記載されているシトルリンの1日あたりの含有量600㎎という説明を元に3粒摂取した場合で計算しています。

もちろん1日1粒の摂取ならコストは3分の1ですがただでさえ成分含有量が僅かなのにたった1粒飲んだくらいじゃ望んでいる効果はもちろん期待できないでしょう。

配合されている成分数こそ188種類と多いですが、含有量も分からない上に何の変哲もない野菜や果物なども配合されていることを考えれば値段が高過ぎだと思われても仕方ありません。

このように価格の面からもマキシリンを購入するメリットは見当たりませんでした。

マキシリンには返金保証が付いている?

残念ながらマキシリンには返金保証の制度は設けられていませんでした。

ただし商品に不良などがあった場合は商品到着後3日以内と短いですが電話もしくはメールで連絡すれば返品・交換が可能となっています。

またその際に発生する費用に関しては販売業者の負担になるのでご安心下さい。

マキシリンの安全性について

マキシリンの商品としての安全性に関してはマキシリンの販売ページ及び販売事業者であるのより商店のサイト内で説明されています。

それによるとマキシリンはGMP認定、HACCAP取得工場で製造されているとあります。

サプリメントの安全性を図る上でこのGMPとHACCAPの両方を認定・取得している工場で製造されているのはとても高評価です。

GMPは原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められている安全基準の事で、多くのサプリメントメーカーがGMP認定を受けた工場で商品を製造しています。

またHACCAPについては製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法のことなのですが、GMPに加えHACCAPによって管理されているならマキシリンの安全性は極めて高いと判断します。

マキシリンの副作用をチェック

マキシリンはシトルリンを主成分にサソリやスッポンなどの動物系原料、マカやクラチャイダムなどの植物系原料などを合計で188種類も配合している精力剤ですが、この商品に配合されている成分を摂取することによってどのような副作用が起こる可能性があるのかを世界最大の健康食品データベースであるNMDB(ナチュラルメディシンデーターベース)に不正アクセスして調べてみました。

ちなみに不正アクセスなんて技術は携帯電話の料金に毎月謎の支払いが1500円も発生しているのに原因がさっぱり分からない悪質業者の養分になっている私にあるはずが無いのできちんと料金を払って調べました!また厚生労働省が推奨する基準があった成分に関してはそちらも参考にしています。

マキシリンに含まれる成分 成分含有量(1日あたり) 目安摂取量 上限摂取量 副作用の危険性
スッポン 記載ナシ ナシ ナシ 特にナシ
マカ 記載ナシ 基準ナシ 3g ナシ
トンカットアリ 記載ナシ 基準ナシ 70g ナシ
L-シトルリン 記載ナシ 基準ナシ 基準ナシ ナシ
朝鮮人参 記載ナシ 2~3g 基準ナシ 過剰摂取により
睡眠障害などの
副作用アリ
亜鉛 記載ナシ 12㎎ 40㎎ 過剰摂取により
嘔吐や下痢などの
副作用アリ
クラチャイダム 記載ナシ 基準ナシ 70g ナシ

成分の含有量が無いので正確な事はお伝え出来ませんがこの表を見る限りメーカー推奨の摂取量を超えてマキシリンを摂取しない限り副作用の心配は無さそうです。

ですがマキシリンには場合によっては重篤なアレルギー反応を引き起こす恐れのある特定原材料7品目の内「エビ・カニ」「卵」の2種目に加え多くの動物系、植物系の原料が配合されていますので食品アレルギーをお持ちの方は摂取する前に原材料一覧を確認することを推奨いたします。

マキシリンの定期コース解約方法

マキシリンの販売ページには通常購入は無く、全て定期コースでの販売となっています。

定期コースの解約方法についてはこのように説明されています。

参考/マキシリン販売ページ

この説明を見る限り、定期コースを解約する際には購入回数の制約も無くいつでも休止・解約が可能だと思ったのですが、ある一文が私の目に飛び込んできました。

「また連絡を頂いた翌月からの出荷停止となりますので予めご了承くださいませ」

・・・ファ?!

つまりいつでも休止や解約は受け付けるけどもそれが適用されるのは次の商品が届いてからやで♪という舐めた内容なのです。

私の勝手な勘違いかと思ってマキシリンのサポートセンターまで電話して確認しましたがやはり定期コースを注文した時は最低2回の購入が必要だと言質を取りました。

現在多くの商品が定期コースというシステムを利用して商品の販売をしていますが、いつでもどんなタイミングでもという記載があるのに休止や解約が適用されるのは次回からなんて聞いたことありません!!

これじゃあいつでも止められると思って試しに買った人困惑する事山の如しですよ!

注意喚起の意味も込めてもう一度おさらいしますが

  • 定期コースは休止・解約が可能な次回お届け予定の2週間前までに連絡したとしても実際に休止・解約が適用されるのは連絡した翌月分から
  • 定期コースを注文した際は最低2回の購入が必要になる

この2点にくれぐれもご注意ください。

もし割引が適用されている2箱/3箱セットを購入していた場合、2回継続で購入する前に解約すると差額分の料金が発生する恐れがあります。

購入する際は再度ご確認することを推奨いたします!!

マキシリンの支払い方法と送料をチェック

マキシリンには以下の支払方法が用意されています。

  • クレジットカード決済
  • 代金引換(代引き手数料432円~)
  • 銀行振込(先払い/振込手数料購入者負担)
  • コンビニ払い(後払い/手数料154円)

支払い方法の種類の充実度は通販サイトとしてはかなり優秀だと思いますがクレジットカード決済以外は手数料がもれなく発生します。

商品代金がべらぼうに高いんだからせめて手数料くらいサービスしてくれても罰は当たらないと思うんですがいくらごねても必要なものは必要なので大人しく諦めましょう!

その代わりと言っちゃあ何ですが一部離島を除き送料は一律無料となっているようです。

サプリメント専門家のマキシリン総評

マキシリン評価:Eランク

マキシリンは大切な人におすすめできる商品か

精力剤なんてめったにプレゼントされるようなものではありませんが、当サイトではもしこの商品を自分の大切な人にプレゼントしようとした時に自信をもって安心して使って大丈夫だよ!と言えるかどうかが重要だと考えています。

マキシリンは2017年に新発売され、合計で188種類もの成分を配合している精力剤として話題です。

流行り物に目が無い私は今ハンドスピナー片手に最後のまとめに取り掛かっていますが、今大注目のマキシリンは残念ながら当サイトの期待に応える商品ではありませんでした。

販売会社の株式会社テラノヴァの運営実態については何の文句も無いですが、マキシリンの販売ページなどで薬機法などに抵触する可能性がある宣伝が多数行われていることは問題です。

WEB制作事業を行っているならリーガルチェックも当然していると思うのですが、現実問題として今も多くの消費者が問題があるかも知れない説明を見て商品を購入しているのだとすると販売会社にはサイトの修正を強く望みます。

また肝心の商品のスペックについても配合している成分は188種類と多いものの、成分の含有量が分かるのは主成分のシトルリンだけと私達消費者が一番知りたい情報が全くと言っていいほど公開されていません。

そこで現在分かっているデータを基に含有量などを推測した結果、配合されている成分はどれも僅かだということが判明しました。

188種類の成分の中身についても確かに精力アップに繋がる可能性のある成分が配合されているものの、わざわざサプリメントに配合する意味のないミカンやパイナップルなどの野菜や果物もまた多数配合されています。

成分の量で言えば耳カス以下の野菜や果物をわざわざ配合する意味を考えると単純に成分数を多く見せたいだけに他なりません。

一丁前なのは1日あたりのコストが1000円を超えるという破格の金額だけでは当サイトとしてはマキシリンを自分の大切な人、ここまでご覧になって頂いた皆様にもおすすめすることは出来ません。

当サイトでは成分○○倍濃縮!や成分○○種類配合!なんて何の意味も無い宣伝よりも成分の配合量と精力アップに作用するエビデンスのある成分に注目してランキングと評価を作成しています。

もし皆様が授業中寝ているだけでもギンギンに勃起してしまい、そんなタイミングで先生に指されて不自然な前かがみになっていたあの頃の自分を取り戻したいとお考えなら是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

これらの情報を最終的に判断するのはあくまで皆さまです。

以上ご参考までに。

-マキシリン, 評価E

Copyright© 精力剤おすすめ通販ランキング!【勃起に効果ありと言えない事情…】精力サプリーナ , 2017 All Rights Reserved.